尾瀬片品スポーツイベント

大会規則等

「武尊牧場ヒルクライム」大会規則等

 

「武尊牧場ヒルクライム」は、武尊山に広がる武尊牧場キャンプ場と周辺地域を利用したコースを、
自然と自転車を楽みながら激坂に挑む、チャレンジ精神旺盛なアマチュアサイクリストの競技大会
です。

 

1. 参加年齢・資格等について
・自転車を楽しむ事をモットーとしている、中学生以上の健康なアマチュアサイクリスト。
・自転車を押しながらでもゴール手前の激坂をクリアーし、80分以内にゴールできる自信のある方
                                    (あくまでもライドオンゴールを目指そう!)
・18歳未満の参加者は、参加誓約書に保護者の署名捺印が必要です(年齢判定は大会当日適用)。
・参加資格を他人に譲渡する事は出来ません。
・大会の安全な運営に支障をきたすと判断された方は、参加受付後でも参加を取り消しさせて頂く場合があります。

 

2. 自転車と機材及び装備品等
・チャレンジ部門は電動アシスト自転車以外とします。 全部門とも交通法規に準じた一般公道を走れる
 自転車とし、ロードバイクについては特殊なハンドルバーの取り付け不可。 
・当日に検車や整備機材はありません。前後ブレーキなど、十分整備された自転車でご参加下さい。
・競技中はサイクルヘルメットと手袋を着用し、配布されるゼッケン・計測チップ等は指示された箇所におつけ下さい。
・安全のためライト、ミラー、キャリア、ドロヨケ等の競技中に危険となる部品は事前に外しておいて下さい。
・安全に自転車走行ができる服装でご参加下さい。
・標高が高い場所は天候が急変しやすいため、寒さ・暑さ両方の対策が必要です。
・スタート地点で一人につき1個の荷物をお預かりし、ゴール地点まで輸送いたします。

 

3. 競技について
・参加者は、大会が一般道で行われる個人の責任で走るサイクルリングであることを承知し、一般交通法規はもちろん、大会が設けた規約・規則等を遵守しスポーツマンとして規律ある態度でスムーズな大会運営に協力して下さい。
・追走してくる競技者に対し故意に邪魔をしてはならない、追い抜かれる競技者はコース左側を走行して下さい。
・リタイアする場合は必ずスタッフや大会本部にご連絡下さい。80分以内にゴールできない場合はリタイアとなります。
・スタートは個人タイムトライアル制です。
・コース上にはエイドステーションはありません。競技中の水分補給は選手自身でボトル等をご用意下さい。
 ゴールには飲料水を用意しております。
・下山はゴール付近で昼食をとった後となります。 スタッフの指示に従い安全に下山して下さい。 
・各部門の1〜3位迄表彰。チャレンジ部門は表彰対象外です。また参加者が15名以下の部門は1位のみ表彰とします。

 

4.事故等
・事故等が発生した場合は、スタッフへの報告をすみやかに行って下さい。重大な怪我の場合は119通報も合わせて行って下さい。加入の保険によっては、警察の事故証明の提出が必須の場合があります。
・落車などにより軽傷を負われた場合は、スタッフが携行する救急道具での応急措置や病院等で応急処置を受けられますが、その後については、参加者本人の責任で適切な処置を受けて下さい。事故に要する経費(治療費・交通費など)は参加者の負担となります。主催者が入る傷害保険とは別に各個人で保険の加入をお勧めいたします。
・主催者は参加者全員に対して傷害保険に加入します(死亡200万円 入院日額3000円 通院日額1000円)。
主催者が加入する保険は大会開催当日(7/12)の時間内に適用です。 参加者は念のため、健康保険証をご持参下さい。
・試走は上記補償の対象外です。大会当日も含め、自転車等の故障・破損についての補償は行いません。

 

5.その他
・武尊牧場キャンプ場内のコースは、関係車両以外は入れません。 許可された時間以外のコースへの入場は出来ません。
・試走・大会スケジュールは悪天候等で中止・変更・短縮される場合があります。
・参加料は大会中止・不参加の場合でも払い戻しを行いません。 誤入金も返金を行いませんのでご注意下さい。
・貸与される計測チップは必ず返却してください。計測チップの破損・未返却は実費(8,640円)を請求致します。
・入賞者が表彰式に無断で欠席した場合は入賞を取消、空位とします。

 

<改定前の規則・・・参照まで> 改定日:2015.05.26
2. 自転車と機材及び装備品等
・チャレンジ部門はMTBとクロスバイクとします。 全部門とも交通法規に準じた一般公道を走れる
 自転車とし、特殊なハンドルバーの取り付け不可。

 

1. 参加年齢・資格等について

・中学生以上の健康状態良好である坂道好きなアマチュアサイクリストで、心臓に障害のない方。

 

・18歳未満または高校生が参加される場合は、保護者の同意が必要です(年齢判定は大会当日を適用)。

 

・ロードバイク部門は特殊なハンドルバーの取り付け不可。チャレンジ部門はロードバイクと電動アシスト自転車以外の自転車。交通法規に準じた一般公道を走れる自転車とし、当コースを1時間以内で完走でき、安全に下山できる自信がある方。

 

・大会の安全な運営に支障をきたすと判断された方は、参加受付後でも参加を取り消しさせて頂く場合があります。

 

・参加資格を他人に譲渡する事は出来ません。

2. 自転車と機材及び装備品等

・当日に検車や整備機材はありませんので、前後ブレーキなど十分整備された自転車でご参加下さい。

 

・競技中はサイクルヘルメットと手袋を着用し、配布されるゼッケン・計測チップ等は指示された箇所におつけ下さい。

 

・安全のため競技中に危険となる部品は事前に外しておいて下さい。

 

・安全に自転車走行ができる服装でご参加下さい。標高が高い場所は天候が急変しやすく、また、汗をかいた後は体温が急激に下がる場合があります。 念のため装備品等は冬物をお持ち下さい。

 

・スタート地点で一人につき1個の荷物をお預かりし、ゴール地点まで輸送いたします(防寒着必須、貴重品を除く)。

3. 競技・表彰について

・参加者は、大会が一般道で行われる個人の責任で走るサイクリングであることを承知し、一般交通法規はもちろん、大会が設けた規約・規則等を遵守しスムーズな大会運営に協力して下さい。

 

・追走してくる競技者に対し故意に邪魔をしてはならない、追い抜かれる競技者はコース左側を走行して下さい。

 

・リタイアする場合は必ずスタッフや大会本部にご連絡下さい。1時間以内にゴールできない場合はリタイアとなります。

 

・スタートは少人数のタイムトライアル制です。

 

・下山は参加者が全員の競技終了後となります。スタッフの指示に従い安全に下山して下さい。

 

・ロードバイク部門は各1〜6位を入賞とします。
 但し、部門参加者が15名以下は統合または1位のみの表彰。入賞者が表彰式に欠席した場合は入賞を取り消し、空位となります。

 

・チャレンジ部門は1位に特別賞を授与します。表彰式に欠席した場合は空賞となります。

4.事故等

・事故等が発生、または確認した場合はスタッフへすみやかに報告して下さい。重大な怪我の場合は119通報も合わせて行って下さい。加入の保険によっては警察の事故証明の提出が必須の場合があります。

 

・落車などにより軽傷を負われた場合は、スタッフが携行する救急道具での応急措置や病院等で応急処置を受けられますが、その後については、参加者本人の責任で適切な処置を受けて下さい。事故に要する経費(治療費・交通費など)は参加者の負担となります。主催者が加入する傷害保険とは別に各個人で保険の加入することをお勧めいたします。

 

・主催者は参加者全員に対して傷害保険に加入しています(死亡300万円 入院日額3000円 通院日額1000円)。主催者が加入する保険は大会開催当日の時間内に適用します。傷害による保険のため、傷害以外の要因による死亡・入院・通院には適用されません。大会参加の際は念のため、健康保険証をご持参下さい。

 

・前日の試走は上記保険の対象外です。また、大会期間中の自転車等の故障・破損補償は行っておりません。

5.その他

・前日の試走・大会スケジュールは悪天候や天災等で中止・変更・短縮される場合があります。

 

・参加料は大会中止・不参加の場合でも払い戻しを行いません。 誤入金も返金を行いませんのでご注意下さい。

 

・コース上にはエイド・ウオーターステーションはありません。ゴールに飲料水を用意しております。

 

・競技終了後に計測チップを回収致します。受付後に不参加(DNS)やリタイヤ(DNF)となる場合も計測チップの返却が必要です。計測チップの破損・未返却は実費(8,800円)を請求致します。

 

・コース内の冬期通行止め区間には大会関係者や許可された車両以外は入れません。

 

・新型コロナウイルス感染状況により、運用等が変更になる場合はその都度ホームページ等で通知いたします。

6.新型コロナウイルス感染防止ルール

・感染防止は一人ひとりの予防意識が大切になります。新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の活用を積極的に行ってください。

 

・前日受付参加者と大会当日は健康調査票の提出が必要です。

 

・体調管理
大会期間前2週間は特に体調管理に気を付けてください。下記に該当することがある場合、来場を見合わせて下さい。
<大会期間〜2週間前の状態>
□ 新型コロナウイルスの感染者、または濃厚接触者(COCOA通知含む)である場合
□ 体温測定を行い平熱の範囲を超えている日がある場合(平熱が37℃を超える方は予め主催者に通知が必要です)
□ 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合
□ 政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合
<上記に加え、大会期間中の状態>
□ 体調が良くない場合
□ 咳・のどの痛み・だるさ・呼吸困難・臭覚・味覚などの異常症状がある場合

 

・大会会場でのルール
□ マスク着用(自転車乗車中を除く) バフやバンダナで鼻・口を覆うスタイルも可とする
□ マスク等の感染予防品は各自で管理し、マスクは予備を準備しておくこと
□ ソーシャルディスタンスを心掛ける(できるだけ2mを目安に最低1m)
□ 大きな声での会話はしないこと
□ 唾や痰を吐くことは極力行わない(やむをえない場合は周囲を確認し飛沫飛散に注意)
□ 手洗いや手指消毒を心掛けること
□ 飲食を行う場合は距離をあけ対面を避けること
□ マイタオル・ゴミ袋を持参し自分のゴミは全て持ち帰ること
□ 主催者が健康調査票(選手・スタッフ対象)を確認した際、個別に指示があった場合は受け入れること
□ 主催者が会場内で健康不良や感染防止ルール違反・迷惑行為があったと判断した方は、行動の制限や指示をさせて頂く場合があります
□ 主催者が決めた感染予防ルールの厳守をお願いします

 

*運動中のマスク着用は選手の判断としますが、マスクを外した際は会話を控え、咳エチケットを徹底してください
 (運動中のマスク着用のメリットとデメリットは選手各自で判断して下さい)
*会場ではスタッフや応援者にも同様の感染防止ルールが適用されます

大会規則等関連ページ

アクセス&コース地図
群馬県片品村で自転車やトレールランを主催するイベント団体です
誓約書
群馬県片品村で自転車やトレールランを主催するイベント団体です
エントリー方法
群馬県片品村で自転車やトレールランを主催するイベント団体です
参加案内
群馬県片品村で自転車やトレールランを主催するイベント団体です

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 日光白根ヒルクライム ほたか牧場MTB20時間 武尊牧場ヒルクライム 日光白根フォト